悩みは吐き出してしまおう

経理ひとすじ50代男masaです。先日、企業の経理に従事している人たちの座談会に参加しました。 座長さん含め参加者のどなたとも面識がない状態で、文字通り厚かましく 参加したわけです。しかも当日の2日前にネットサーフィンで会合を知り 即エントリーしたので座長さん的には不気味だったと思いますね。

経理という話題で他社の方々と会話する機会に飢えていたmasaは、この機会に飛びついてしまいました。
 
 
十数名の参加者の職場属性は多様化しており、

 資本関係でいえば 持ち株会社、子会社、オーナー系会社、

業種も、把握しきれてませんが、ほぼ被ってないような感じ

テーマ未設定で開始し、話題に詰まったら事前アンケートから話題を チョイスするという試みはとても面白いと思いました

もともとテーマを決めて集まるスタイルを従来から継続されていたとのこと

話題設定あり、なし、双方を交互に開催するのが理想かもしれないですね。
 
 
masaは、みなさんのお話を聞けるだけでも全然うれしかったのですが、

ついつい、みなさんが持ち寄ってくた話題(多くが自社の経理業務での

悩みごと)に対し、求められもせずに自説をあれこれと主張してしまいました。

日頃の癖をまんま露出してしまい恥ずかしい限り。
 
  
「このおっさん、わかりもしないでズケズケと言ってきて、うっとおしいわー」

「このおっさん、いろいろ発言するが、ことごとくツボ外しとるねん」

と思われたでしょうね。

悩みは吐き出してしまおう

 

じっさい、短い時間で各社の状況を正確につかんで適格な意見をいうのは

難しい。

真剣にその場で脳をフル回転させるが、結果として無責任だったり、ツボを

外した発言になりがちなわけで。

自社の経験則をそのまま他社にあてはめられないので、

「それって、単純に○○すればいいんでしょ?」

と軽くいってみるものの、相手(他の参加者さまの企業)にとっては

一筋縄ではいかない状況だったりします。

話題は、会計制度という大きなテーマから、請求書発送など事務そのもの

などとバラエティに富んでいましたね。

ひとつひとつにとても興味深く聞き入りました。

ときおり、masaの世界観も投入しましたが、「そう簡単にはいかないですよねぇ」

とやんわり反論されることも。

いいんですよ、それでも。

まあ、masa独自の世界観にいきなり共感を持てというのが無理難題ですし。

ひとつのテーマに絞らないという会合の趣旨により、話題が各グループで拡散し

ていたので、具体的な悩みを解決したいと思って参加したかたには

消化不良だったかもしれません。

でも、悩みを声に出し、他の人から反応をもらうことが大事なのです。

・インプット(思っている状態)

・アウトプット(思ったことを話す、書く)

・フィードバック(話し、書いたことへの反応をもらう)

このサイクルが大事だと言います。

頭の中でモヤモヤ考えていても、先に進まない。

経理パーソンのキャリアデザインへの悩みは何か?

masaは、自分より若い方々が、どんなキャリアデザインを持っているのかに

もっとも関心がありました。

すべての方々について尋ねる機会はありませんでしたが、

明確なビジョンを描けてない、そのまえに目の前の課題をどうしょうかで

頭が一杯の方々が多いのかもしれません。
 
 最初から人生100年のシナリオなど描けている人は皆無でしょう。20代で先の80年をプランしろといっても困難なことが多いです。

年代なりのビジョンを考え、試行錯誤することが大事。

ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ 会計士試験に5回挑戦後、会計事務所に就職、現在は一般企業の経理職を20年と経理一筋に生きてきた、さすらいの会計人(びと)。 会計で社会の未来を変えることを信じている。 内向的な性格を損だと思って生きてきたが、今では独自の世界観を築くことができた(と自分では思っている)のはひたすら自己に向き合ってきたからだと確信している。 音楽は高校時代から聞き始めたモダンジャズ一筋、手塚治虫の漫画やスティーブ・マクイーン、最近はダニエル・クレイグに憧れている。