初詣を大晦日に済ませる意味

masaです。

皆様、初詣はいつ行かれますか?

「何とぼけたこと言ってるんだ? 正月3が日に決まってるだろ」

という声が聞こえます。

 

masaは、2016年12月31日に神田明神に行ってきました。

御朱印帳が売り切れていたのでおみくじとお守り1個買って、参道脇に並ぶお店も正月からの準備中で、鳥居脇の甘酒屋さんで甘酒飲んで帰ってきました。

実は1年前、といっても2016年の1月3日に行って大混雑だったのでお参りせずに帰ってしまいました。

同じことを繰り返すまいという気持ちだけが残っていたのです。

大晦日に参拝する効用

 

1.いつ行くのがご利益があるのか?

 

「正月にいかねばご利益がないだろうに」

では正月にいけばご利益は確実に得られるのか?

神様は、一度に多くの人々が願い事に来ると、聞いて回るのに疲れてしまうのだとか。

なら、少ないときに行った方がいいですよね。

 

2.参拝して何を願うのか?願うだけか?

 

参拝に作法があります。

作法が完璧ならいいのか?

神様に何を願うのか?

その前に、まず、1年の御礼を申し上げるべきかと。

この、御礼を言うタイミングとしてベストなのが大晦日。

1年を無事に過ごさせていただいた御礼をまず申し上げる。

次いで、次年度に取り組むことを申し上げ、お力添えをお願いする。

 

3.作法を学んでから行くべし

簡単に言いますと、

・鳥居くぐる前に軽く会釈する

・参道のど真ん中を歩かない

・手水所で口をゆすぎ手を洗う

・賽銭はほおり投げない

・二礼二拍手一礼

・おみくじは持って帰る

出来てない人が結構多いですね(偉そうに)

今回は、行く前に作法を調べて、その通りにほぼできたと思います。

ですが、作法を完璧にするのに頭がいっぱいになっていて

肝心の願い事がキチンとできなかったような。

ダメじゃん・・・

来月になったら、御朱印帳作るために再び行ってきます。

まとめ

今年は、パワースポットに関心を注ぎたい。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

1965年生まれ 会計士試験に5回挑戦後、会計事務所に就職、現在は一般企業の経理職を20年と経理一筋に生きてきた、さすらいの会計人(びと)。 会計で社会の未来を変えることを信じている。 内向的な性格を損だと思って生きてきたが、今では独自の世界観を築くことができた(と自分では思っている)のはひたすら自己に向き合ってきたからだと確信している。 音楽は高校時代から聞き始めたモダンジャズ一筋、手塚治虫の漫画やスティーブ・マクイーン、最近はダニエル・クレイグに憧れている。